もいざわ流!語学学習でモチベーションを維持する方法

2016年6月20日

語学学習・・・。
それは長い長い努力の積み重ねとも言い換えることができます。

それだけ語学学習には時間が掛かるんですけども、そもそもどんな言語であれ、現地の人が喋れている以上は僕ら外国人が学習するのに不可能なワケが無いんですね。

僕らとネイティブで圧倒的に違うのは、その言語に触れて学んだ時間と経験
これだけだと僕は思ってます。
だからこそ、言語学習は続けることが大事なんです。

でも、言語学習を続けることが一番難しかったりするんです。
モチベーションの維持ってやつですね。

僕はかつて英語を勉強して、ある程度できるようになったので、現在はドイツ語を独学でやってます。

始めてまだ数か月の段階ですが、やはりモチベーションを維持するの厳しいです。時にはマンネリ化して全然勉強が面白くなかったり、目標とするレベルまでが遠すぎてやる気を失ったりすることもしばしば。

そんな時に僕がやる勉強のやる気をアップさせる方法をご紹介します。

その言語が出来るようになることを強くイメージする

何のためにげ外国語を学んでいるのか?

こう自分に問いただすと、行き着く先は「その言語でコミュニケーションが取れるようになるため」になるかと思います。

外国語が出来るようになるのは、本当に素晴らしいものです。
旅行に行ったときに現地の人とおしゃべりができる、トラブルがあっても対処できる、インターネットで仕入れられる情報量が圧倒的に増える等々、人生を明らかに楽しく豊かにしてくれることにつながります。

語学学習は長くつらい時もありますが、それだけメリットも大きいのです。

参考書を変える

独学の場合、参考書を使って勉強すると思います。
でも毎日毎日同じ参考書だと飽きるんですよね。中身を理解していなくても、本のレイアウトやフォント等がずっと同じおかげで・・・。

だから僕は一度その参考書を封印して、他の同じレベルの参考書を買って勉強することにしています。同じレベルだから中身が被ってるんですが、それが復習として効果的なんです。違った解説を読むことで、理解に厚みが増すというメリットもあります。

新しい参考書で勉強していたら、また飽きる日が来るかもしれません。
その時には封印した以前の参考書を引っ張り出して、続きを勉強するのです。そうしたらまた新たな気分で勉強が続けられます。

資格試験を受けてみる

はっきり言って、外国語をゼロから勉強し始めて喋れるようになるまでには相当な時間が掛かります。
その間、自分が本当に成長しているのかどうかも怪しく感じられて、勉強するのがバカバカしく感じられるときもありますね。

勉強をするなら、やっぱり自分の成長を感じながら、というのが一番気分が良いですし、やる気も出ます。

そんな自分の勉強の進捗具合を客観的に示してくれるのが資格試験です。
英語ならTOEIC、TOEFL、英検、ドイツ語なら独検など、様々な資格試験がありますから、これらを意識して勉強するといい刺激になります。

また、資格を取ると色々と有利になるのは言うまでもないですね。
中には資格のために語学を勉強する人もいるくらいですから。

映画を見る

自分が勉強している言語の映画を見るのもモチベーションアップにつながります。
出来れば吹き替えじゃなくて字幕が良いですね。

ナマの外国語を聞きながら、字幕を読んでどんなことを言っているのかをしっかり理解する。何言っているか全くわからなくても、自分が知ってる単語が必ず出てくるはずです。自分がその単語を認識できたことを喜びましょう。
勉強を続けたら、認識できる単語が増えて、段々と文章が分かるようになるのです。

勉強と意識せずに、楽しむことを目的に映画を見るだけで良いんです。

その言語がつかわれている国へいく


一番モチベーションを上げてくれるのはコレでしょうね。
1週間くらいの短期でもいいから、その言語が使われている国へ行ってみる。

言語というのは、その国の文化の象徴でもあります。
僕らが日本に住みながら外国語を勉強することはモチロン可能ですが、その国の空気を吸って、人を見て、少し喋ってみれば、もっともっとその言語ついての興味関心が高まると思います。

画像はオランダのアムステルダムです。

敢えて何もしない


もうどうしようもない時は勉強を一時休むしかありません。
でも、休むならたとえば1週間だけ、と期間を決めて休みましょう。

何も決めずに休んでしまうとズルズルサボり続けて気づけば勉強を辞めてしまいます。今までの努力が全部無駄に終わります。これだけは絶対に避けたいのです。

少し休んでまた戻ってきた時には、少しは新鮮な気持ちで勉強できるようになっているはずです。

まとめ

以上、僕がやっている語学学習のモチベーションを維持する方法でした。

実は僕、ドイツ語へのモチベーションが下がってるんです。
だから昔英語を勉強していた時にどんなことをやってたかなぁ・・・と思い出しながら今回の記事を書きました。
これで僕のドイツ語に対する熱い情熱が再燃すれば!と思っています。

生き方

Posted by moipui