【宅麺】ラーメンもみじ屋の宅麺バージョンを食べてみた

2016年6月13日

宅麺をぉぉぉぉ

ブログのメインコンテンツにしようと考えている奴は誰だぁぁぁい?

俺だよ!

と言うわけで始まりました宅麺レビューのコーナーです。
今回は二郎インスパイア系のもみじ屋さんです。

もみじ屋のラーメン、調理開始!!!

ではでは、気合を入れてラーメンを作っていきます!


パッケージはこんな感じです。

袋の中は麺、スープ、アブラが入っています。
スープのアブラがすげぇぇぇ。

フラッシュで白っぽくなりましたが、こんな麺です。
やはり二郎インスパイア系らしくぶっとくてゴツイですね。

スープを湯煎して温めるこんな状態に。
脂が溶け出していい色になってるじゃないですか!
うっすらと見えるチャーシューが食欲をそそるぜ!

茹で終わった麺をラーメン鉢にイン!
もうとんでもない麺の量なんだけど・・・。

その上からスープをドバーッとイン!
少しこぼれちゃった。

最後にヤサイとアブラとニンにクをのっけて完成!
写真だとヤサイをくたくたに煮込んでるけど、僕はシャキシャキ感が好きなので少し茹でただけにしました。

いざ試食!


見た目通り醤油が強めのスープなんですが、脂のおかげか甘みとうま味もしっかり主張していています。でも、これだけだと少し物足らない感じで、刻みニンイクを入れてやることで本当の味になる、と感じました。

麺は指定時間通り茹でたのに少し柔らかめでコシが弱くて少し残念でした。
でもチャーシューが大きくて、その上物凄くいい味付けだったので大満足!

いや、正直言うと大量のアブラのせいか、後半戦厳しかったです。
総合的に比較すると、魔人豚の方が上かなと感じましたが、それでも遠方のラーメン屋さんを家で食べられてご機嫌でした。

嫁さんは僕がニンニク臭いと不機嫌でしたけど・・・。

⇒宅麺のサイトへ