【宅麺】中華蕎麦 とみ田の「つけそば」の宅麺バージョンを食べてみた

2016年6月5日

昨日宅麺が届いてさっそく魔人豚を食べたわけですが、興奮はまだまだ冷めず、今日は中華蕎麦 とみ田のつけそばを作ってみました!

僕はこのお店が有名店だという事は知っていますが、食べたことはありません。初めてなのでドキドキです。

さっそく宅麺版とみ田のつけそばを調理

まずは冷凍庫からつけそばの袋を出してやります。

宅麺のパッケージはこんな形で決まってるみたいです。

袋の中にはスープと麺が!
2つとも昨日の魔人豚と比較すると小さくまとまっている感じです。

麺だけの画像。
コレがもうカチコチで鈍器のような状態です。
色が少し黒みがかってるかな?

そして麺を茹でて、スープを湯煎して出来上がりです。

スープはこんな風になりました。(ネギはトッピングとして入れています)
中には2枚の太めのチャーシューと3枚のメンマが入っています。
スープ自体はトロトロ、というよりドロドロです.
魚介の香りがふんわりと台所を包み込みます。

麺は極太で、色がやっぱり少し黒みががってます。
そのまま食べてみると、コシが強くて期待が膨らみます。

いざ試食!

さぁ、前から食べたいと思っていたとみ田さんのつけそば!
極太麺をすくい上げて、つけダレにドバーっと入れてパクリ。

うん、美味い!

最初は「濃過ぎだろ!」と思ったつけダレがいい感じで麺に絡むし、太くて強めのコシのある麺が魚介が濃縮されたスープの味を引き立てる。
これもまた美味いねぇ、と舌鼓を打ちっぱなしでした。

それから忘れたらいけないのがチャーシュー。
コイツは少し甘めの味付けなんだけど、ドロドロのスープと絡めて食べると丁度いい塩梅になります。もっと多く入ってたらなぁ・・・。

今回も大満足の一品でした。
ただね、スープを殆ど飲み干したんで、今少し胃もたれ気味ですwww。
美味しいからって飲み過ぎには注意ですね。

⇒宅麺のサイトへ