ビッグマイナーチェンジ後のアクセラスポーツに試乗してきた!

2016年7月16日

以前、マツダのアクセラを試乗してきたぞ! と言う記事で、ビッグマイナーチェンジ前のアクセラに試乗したことをネタにした。

それ以降、色々と新型アクセラの記事を読んだりしてたんだけど、昨日ようやくディーラーさんから「アクセラが入荷しましたよ!」という連絡を頂いたので、今日早速行ってみた。

ワクワクしながら中に入ると、新型のアクセラがいらっしゃる!

相変わらずカッコいいっすねぇ。
ビッグマイナーチェンジという事で外観はグリルとヘッドライト辺りが変わったくらいだけど、正面から見てみると、ちょっと車高が低く見えて、以前よりもスタイリッシュ!

舐め回すように外観を見終わったら、今度は試乗へ!

1.5リッターのディーゼルへ試乗!

ディーラーに試乗車として用意してあったのが、今回新しくラインナップに入った1.5リッターのディーゼルを搭載したモデル。


このエンジンはデミオやCX3に搭載されているものと同じで、低回転のトルクの強さと低燃費がウリらしい。そんなエンジンが満を持してアクセラに投入されたわけだ。

早速試乗車に乗り込む。
内装の変化は基本的にはない。
エンジンをかけると、運転席の前に出てくるパネルアクティブドライビングディスプレイがカラーになっている!

旧型はこんな感じだった。

でも、新型はこんな感じ。視認性が上がっている。


どちらとも画像はマツダの公式ブログから画像を転載させてもらいます。

新型は道路標識をカメラで読み取って制限速度を表示させたり、ナビの指示も表示できるそうで、これはかなりカッコいい。正にスカウターだ!

いよいよ運転開始!

そしてアクセルを踏んでスタート。
まずは信号待ちから青になった瞬間にアクセルを強めに踏んでみる。
「うぉぉぉぉー!」と体が後ろに持って行かれるような加速を見せてくれた。このトルクは流石にガソリンエンジンの1.5リッターでは出ないだろう。

またディーゼルだから結構うるさいんじゃ?と思っていたが、かなり車内は静か。カラカラ音も聞こえないし、アイドリングストップからエンジンスタートの流れもかなりスムーズだ。

良い。これは良い車だ。

G-ぺダリングコントロールの効果は分かりにくいが、確かに感じられる

今回のビッグマイナーチェンジの大きな目玉の一つが、G-ぺダリングコントロールと言う機構を搭載したという事だ。

これは文章で説明するのは難しいので動画を見てもらう方が分かりやすいかな。

僕が運転した感覚としては、直進を走るときのハンドルの微調整が少ない、コーナーリングで強めにアクセルを踏んでも強い遠心力で体が動かない、という事が実感できた。

だけど、がらりと変わるわけではなくて「うん、言われてみれば・・・」と言う感じだ。

一応この機構は世界で初めてマツダが開発して、マツダ車の中ではアクセラが一番最初に搭載される車になるらしい。最初の技術をアクセラに投入。いいね!

やばい。欲しくなった!

ビッグマイナーチェンジをしたアクセラスポーツ。
凄く凄く魅力的になった。

試乗後はディーラーさんから詳しくアクセラについて説明してもらった。今日は見積もりとカタログを貰って帰っただけだけど、今後の値引き次第では購入を考えたい。

追記:その後、契約しました。
⇒マツダアクセラスポーツ15Sプロアクティブを契約!納車まで待ちきれない!

追記:納車しました!

趣味

Posted by moipui