妻と娘が帰ってきた!

2016年9月15日

出産後、実家に帰省していた嫁さんと娘が1ヶ月検診を終えて帰ってきました!

娘が産まれて約1ヶ月ほど僕は一人暮らしの状態で、毎日嫁さんの実家に顔を出すくらいだったのですが、これからはずっと一緒に娘と過ごすことができます。

コレはやっぱり在宅で仕事ができる人の大きなメリットじゃないなと思いますね。ただしその反面、仕事と子育てが曖昧になってしまって共倒れになるリスクもあるんですけど・・・。

ま、まぁ当分は嫁さんが産休なので、基本的なことは嫁さんに任せて、僕の仕事の手が空いているときに何かサポートでもできれば、と考えています。

そんな新米パパの目下の目標が2つ。
これが本当に難易度が高いんです!

1.しっかりとオムツを替えられるようになる

赤ちゃん用のオムツをまじまじと見て思ったんですが、最近のオムツって本当に良く出来ていますね。吸水性もあるし、ニオイもある程度抑えられるし、はみ出さないための機能まで備えてる・・・。

昔は布のオムツが主流だったみたいですけども、「そりゃ使い捨ての紙オムツに変わるわなぁ」と思わずにはいられないです。

ただし、それは紙オムツの性能の話。
問題は僕の技術なんですな。オムツを替えるのって難しい・・・。

嫁さんはホイホイと変えられるんだけど、僕が替えようとすると子供が足を動かしたり腰をくねらせてオムツ交換を妨害してくるんですな。

こっちもササッと変えてあげたいけど、どうも戸惑ってしまってねぇ。
さらにお尻を拭いてあげてる時にオシッコやウンチをされるともうパニック。テンパリまくって嫁さんに代わってもらいます・・・。

2.お風呂に入れてあげられるようになる

ウチの娘はまだ生後1ヶ月だから首がすわっていません。
だから抱っこする時も凄く気を付かってるんですが、更に気を使うのがお風呂。

片手で首を支えつつ体を洗ってあげてたり、お風呂のお湯を飲んでしまわないように気を付けてるんですが、やっぱり難しい。頭が濡れてるからつるっと滑ったら・・・と思うとどうしてもビビってしまいますね。

ちなみにウチではこのベビーバスを使っています。

このベビーバスはフカフカしている上に、ある程度体を固定しやすいので重宝しています。後はオトーチャンの体を洗ってあげる技術を磨くのみ、だね。

現段階で出来ること

今の段階で僕がそれなりに出来ることは、ミルクを作って飲ませてあげることと、抱っこして眠らせてあげることくらいですね。

ウチの娘は抱っこしていないとすぐに泣き出す子なので、寝ている時以外は誰かが抱っこしないとダメなんです。

でも抱っこすると泣き止む姿がやっぱりかわいいです。
本当は抱き癖はよくないんだけどなあ・・・と思いながらも抱っこしてしまいます。賃貸だから泣かせておくのも気が引けますし。

一緒にアクセラでドライブに行きたい!


つい先日に納車した僕の新しい相棒のアクセラ。
納車してすぐにチャイルドシートを設置したんですが、まだ娘は乗せていません。まだまだどたばたしていて忙しくて・・・。

でも近いうちに嫁と娘と3人でドライブに行けたらなぁと思っています。
車に乗るだけも今の僕には楽しいことですから。