グルテンフリーダイエットを絶賛実施中!!

2016年4月24日

ダイエット、もう何回目だろうか?

飽食の現代において、減量をしなくてはいけない立場の人は多いのではないだろうか?もうプロポーションを良くしたい女性だけでの問題ではない。健康問題なのだ。

自慢じゃないが、僕は結婚してから8キロ程増量した。
幸せ太りかはわからないけど、明らかに太った。

一応言っておくと、結婚して太り続けたわけじゃない。定期的に運動して痩せたりしたけど、結果的には太ってしまったのだ・・・。

一番太ったのは新婚旅行でのドイツ。到着したばかりの時と帰国直前の自分の写真を見てびっくりしたし、周りからも「どうした?」と言われた。もちろん僕だけじゃない。嫁さんも太った。

このままではヤバい。そう思いながらも時間が過ぎ、とうとうやってきた。ダイエットの時間だ!

小麦粉こそ諸悪の根源ではないか?

タイトル通り、僕は今グルテンフリーダイエットをやっている。

グルテン (gluten) は、小麦、大麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種。

簡単に言えばグルテンフリーとは、小麦粉製品を食べないことだ。きっかけは「おやじダイエット部の逆襲 糖質難民を救え!」と言う本を読んで。

今まで糖質制限だけは避けてきたのだが、この本を読んで糖質制限もアリかなぁと思ったのだ。しかし、著者の事を調べたら、今年の2月にお亡くなりになっていた。
直接の死因が糖質制限なのかはわからないが、糖質制限ダイエットの教祖的な扱いを受けている人が亡くなった。

ちょっと糖質制限が怖くなった。でも、「グルテンフリー」について調べると、色々と出てくる。

一部を紹介しよう。

グルテンの中に含まれる「グリアジン」という物質には食欲を促進させる働きがあり、パンやスイーツを食べだすと止まらないという現象を起こします。

小麦を食べると 血糖値が急上昇し、それを下げるためのインスリンが過剰に分泌されると、脂肪を溜め込み、結果として太りやすくなるため、シミやシワといった老化の体内時計を早めることにもなりかねません。

うむ、以前から聞いていたが、小麦が悪いのだ!小麦を取ってはいけないのだ!
僕はグルテンフリーダイエットをすることを決意した。

グルテンフリーを始めて2週間

今日でグルテンフリーを始めて2週間になる。
(週に1日だけは小麦食品を食べても良いルールにしてるけどね)

今までは昼飯、夜食にパンやカップ麺を食べる生活だった。主食は米と言うよりも小麦の生活だった。だから正直ラーメンとか食べられないのはきつい。

でも、今のところは続いている。米を主食にして。
飢餓感は感じないのがグルテンフリーの良いところだ。体調的にも一切問題ない。
これなら長続きしそう・・・かな?