Huaweiの「MediaPad M3 Lite 10wp」を購入したのでレビュー!

2018年5月18日

つい先日、約2年半ほど使っていたレノボのヨガタブレットの調子が悪くなりました。

ネットの読み込みがかなり遅くなってきて、「コレ本当に通信できてるの?」というレベルになってしまったのです。

ヨガタブレットは形が独特で、何も使わなくても自立できるので、タブレットケースが嫌いな僕としては結構気に入っていました。

だけどもう2年半も使ってきたし、16Gの容量もカツカツになってきたので、そろそろ買い換えようかな・・・。
そう思って色々とタブレットを物色して、Huaweiの「MediaPad M3 Lite 10wp」を購入しました。

スペックは以下の通りです。

MediaPad M3 Lite 10wpのスペック
サイズ:10.1インチ
HDD容量:32 GB
CPU:Kirin 659(2.36GHz x 4 + 1.7GHz x 4)
OS:Android 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
ディスプレイ:約10.1インチ,WUXGA(1920×1200),IPS
メモリ:RAM 3GB / ROM 32GB
メインカメラ:800万画素(AF)
インカメラ: 800万画素 (FF)
バッテリー容量:6600mAh
防水機能:IP67 防水・防塵

購入してから10日ほど過ぎたので、早速レビューしたいと思います。

とりあえず開封の儀

今回はアマゾンで注文。
夜に注文して、翌日の午後に届く。アマゾンプライムって凄いね!

外箱はこんな感じです。
白を基調としていて清潔感があっていいね!

フタを開けると、本体が鎮座しています。
新しい相棒が見えてワクワクしてきました。

そして本体とご対面。
ぱっと見iPadっぽい・・・。まぁ・・・いいか。

付属品です。
右から急速充電用のコード(USB Type-C)、アダプター、スタンド、テレビ用のアンテナです。

ウチにあるキンドルFire HDタブレットとの比較です。
右がキンドルですが、同じ画面サイズなのにキンドルの方が縦長ですね。
MediaPad M3 Lite 10wpは本体が一回り小さくて優秀に見えます。

早速使ってみた

本体に電源を入れて、前のタブレットと同期をして設定完了!
こんなにスムーズにデータの移行が出来るんですね、最近のタブレットは。

色々と弄くってみましたが、やはりオクタコアのCPUと3Gのメモリを積んだマシンは違いますね。以前まで使っていたヨガタブレットと比べるとヌルヌルサクサク具合が全然違います。

アマゾンとかのレビューでは性能面で結構厳しいことが書かれていたりもするんですが、僕みたいに普通にブラウジングして、動画を見て、軽いゲーム(にゃんこ大戦争)をするくらいなら全然余裕です。

指紋認証も恐ろしいくらいに早くて、指が触れた瞬間に反応してくれます。
そんなわけで今のところは本体には全くの不満はありません。

では他に個人的に特筆する点を挙げていきます。

ディスプレイが綺麗!ブルーライトカット機能がいい!

MediaPad M3 Lite 10wpは当然のようにフルHDですが、以前使用していたフルHDのヨガタブレットよりも発色が良くて綺麗だと感じます。

また、このタブレットは画面設定でブルーライトカット機能が付いています。
普通はブルーライトカットすると黄色っぽくなるのであまり好きではないのですが、色温度を寒色にすることで、普通の感じのままでブルーライトをカットできます。

僕はよくdマガジンで雑誌を見るので、ブルーライトカットのおかげで目が疲れにくくて重宝しています。

・・・っていうことを嫁さんに話したら、「私たちが使っているスマホにもその機能付いてるよ」とのこと。
2年前に買ったファーウェイのスマホにも付いてたんですね、この機能・・・。

音がいい

このタブレットの売りの一つが、ステレオスピーカーを4つ搭載していること。
これでテレビや動画を見ると、確かに音が良いと感じます。

タブレットにしては低音が出ていますし、臨場感もあるのでタブレットで動画を見ることが多い人は嬉しい機能ですね。

まぁ、もちろん高性能なスピーカーなんかと比較したら話にならないですが、あくまで「タブレットのスピーカー」として見たら優秀な機能です。

ただ難点としては音が大きめで、一番小さな音にしても結構うるさいです。
なので僕は「Extra Volumes Simple」というアプリを使って音を小さくしています。

テレビが見える

MediaPad M3 Lite 10wpは、タブレットにしては珍しく、テレビが見れます。

テレビを見る際にはイヤホン端子に付属のアンテナをつけないといけないのがネックですが、それでもウチではフルセグが映ります。

ただ、他のレビューを見るとワンセグしか映らなかったりすることが多いようなので過度な期待は禁物です。でも災害の時なんかには役立ちそうだなぁと思っています。

バッテリーも長持ち!

MediaPad M3 Lite 10wpは500g行かない重さなのに6660mAhのバッテリーを積んでいるので、結構長持ちします。

僕の使い方の場合で2日に1回充電すれば良い程度。
結構頻繁にスイッチを入れている方だとは思うのですが、なかなかバッテリーは減らないですね。

もしバッテリーが切れても急速充電が出来るので更に安心です。
ただ、充電はUSB Type-Cなので、マイクロUSBが使えないのは残念!

なぜiPadを選ばなかったの?

きっとMediaPad M3 Lite 10wpが気になる人は、iPadも気になっているはずでしょう。
価格帯も近いですから・・・。

実際のところ、僕は最初iPadを買うつもりでした。
ただ、色々と考えるうちにMediaPad M3 Lite 10wpを選びました。

その理由は以下の通りです。

ディスプレイは出来るだけ大きい方がいい

僕の場合、タブレットを持ち歩かずに家の中だけで使用するので、画面は出来るだけ大きい方が良いと思っています。

そこで考えるとiPadは9.7インチ、MediaPadは10.1インチ。微妙にmediapadの方が大きい・・・。
でもこの小さな差でも実際にみると気になるレベルだったので、大きい方を選びました。

アンドロイドに慣れてしまっている

僕が最初に手に入れたスマホはiPhone3GS。

アップルの製品の使いやすさは知ってはいるんですが、それ以上に長くアンドロイドを使ってきているので、新しくアップルのOSに慣れるのも面倒だなぁ・・・・と思いましてね。

SDカードが入らない

iPadはSDカードが入りません。
だから、32ギガのiPadじゃ少し不足を感じるので次の128ギガを買おうか・・・と思うと値段が5万円くらいになってしまうんですよね・・・。

それだったらもうMediapadでいいや!となりました。

何気に防水も良い

MediaPadには防水機能が付いています。
別に風呂に入るときにこのタブレットを使うわけではないですが、ウチには今年で2歳になる娘がいて、水やらジュースやらを色々とこぼしてしまうので、防水機能はあるに越した方がいいのです!

今のところは超満足!

まだ購入して10日程度ですが、今のところは「良い買い物したなぁ」と思っています。
軽くて、早くて、使いやすくて、バッテリーの持ちも良くて、音も良い。

今まで使っていたタブレットと比較しても性能の違いを感じます。

アマゾンとか価格.comとかでは他の高級機と比較して「ダメ」なんて書かれていますが、僕みたいに安いタブレットを渡り歩いてきた人間からすると、ビックリするくらいに性能が良いと思いますからね。

迷っている人は買っても間違いないと思いますよ。

ちなみに、保護カバーは以下のものを買いました。
柔らかいシリコンタイプで、厚さもないので気に入っています。